2018/08/12

ステイトメント/都市の距爪—ハバナ—


 「都市の距爪-ハバナ-」のために

                        由良環                

 

 

                                    
キューバの首都、ハバナのホセ・マルティ国際空港に降り立ったのは2017817日だった。
市街地に着いたのは午後7時近かっただろうか。
激しいスコールの後、涙を流しているような街の光景を
見た。
水たまりからは蒸気がたちのぼり、それは建物をキラキラと輝かせ、暗くなりかけた雨上りのストリートをそぞろ歩く人々の姿は実に幻想的で、わたしの脳裏に鮮明に焼き付いている。
前の2週間ほど、同じテーマでの撮影をするためにメキシコシティに滞在していたのだが、ストリートで撮影することが予想以上に困難で、量、質ともに十分な撮影ができなかったという悶々とした思いを、わたしはひどく持て余していた。
(しかしそのことがハバナでの撮影の助走となり、加速させたということに、ずっと後になって気がついたのだった)

 ハバナの街に、恐らくこれまで訪れたどの都市にも感じたことのないオーラのようなものをわたしは読み取った。
(ここでは人種もキューバに来た、或いは連れてこられたルーツも異なる人々が一緒に暮らしている)
それは人々のしなやかな身体から発せられる独特の高揚感や躍動感から端を発し、人のエネルギーが都市という器からはみ出して街中に溢れだしている、というイメージだった。
その姿はシンプルで飾り気がなく、人間のもつ原初のエネルギーがほとばしる在りように、わたしは打たれた。

また、キューバでは個人がものを所有するという感覚が極めて薄く、そのため街も道も皆のものであり(中国でもそうであるように)路地を居間のように捉えてくつろいで過ごしているひとびとの姿を多く目にした。
家の前で近所の子供たちが玉蹴りなどをして思い切り遊んでいる、そのようすを多くの大人たちが石段や壁際で思い思いの姿勢で穏やかに眺めているといった風景は、日常的に目に入ってきた。
彼らの内と外の差がきわめて少ない、隠し事のないあからさまであっけらかんとした生活スタイルは、わたしがこの都市を理解することの大きな助けになっていた。


 日が経つにつれて、キューバの国とハバナの都市が抱える経済的な矛盾や格差について、わたしは徐々に気になり始める。
これまでわたしはいくつかの国に滞在して撮影を行ってきたが、その都市での庶民的な水準の生活をするということを自らに課していた。
それは、街やそこに暮らす人々と同化したいと願ってのことなのだが、ハバナでは土台無理な話であった。
キューバでは外国人旅行者が使う兌換ペソ(CUC)とキューバ人の使う人民ペソ(CUP)2種類の通貨が存在し、1CUC26.5CUPという法外な格差を示していた。
しかし民泊や個人タクシーの運営で、外国人観光客を相手に富を増やしていく人々が一部に存在し、市民の間に徐々に経済格差が広がっていくことは誰の目にも明らかだった。その先の、格差による社会の歪みのようなものがどうしても懸念された。
そういった自分の力ではどうすることもできないキューバ社会の格差や矛盾に対する苛立ちや悲しさのようなものが、日々わたしの中に募っていった。



ハバナでの最初の4日間は旧市街を撮り歩いていたのだが、
5日目にふと新市街へ行ってみようと思い立つ。
そこは地元の人々が働き、生活をする、およそ観光地とは程遠い市街地や住宅街が続いていた。
ここでわたしは、ハバナの街独特のにぶい時間の流れというものを初めて体感した。
街の時間に呼吸を合わせ、街から発せられるものを受け止めるようにしてそれに向き合い、ゆっくりと撮った。
潮の匂いの風を受け、太陽に焼かれ、記憶に痕跡を残すように風景を身体と感覚に焼き付けるように・・・・・。
そして新市街で過ごした時間の中で、新たなハバナ像というものがわたしの中に芽生えてくるような感覚をおぼえたのだ。



メキシコシティを経てハバナへの旅の約1ヶ月間、繰り返し読んでいた大江健三郎氏の『「雨の木」を聴く女たち』がある。
小説の舞台はメキシコ、日本、ハワイなどで、それは複雑に物語が絡み合った連作小説集なのだが「世界はどこに行ってしまうのだろうか?」という大江氏の立てた強い問いを、旅の間中わたしはヒリヒリと感じていた。
そして「世界の終り」とか「死と再生」というこの本の核心であろうと思われるメッセージに対するひとつの返答を、この国でみたような感覚をわたしは後に持つことになる。


人と人とが関係し合い、ともに生きていくこと
都市の中で根をおろした人間のあるべき姿-を
わたしはハバナで見つけることができたように思う。

そしてそれは写真活動を通して立ち上がってきた、きわめて個人的な感覚である。

 

 

 

 



2018/07/16

展示終了のご報告

由良環写真展
都市の距爪―ハバナ—(2018年7月3日~7月15日/櫻木画廊)は
無事終了いたしました。
お出かけくださった方々と
展示に協力してくださったみなさんに、こころから感謝いたします。これからも都市空間でさまざまな出来事に出会い、感受しながら写真を撮っていきたいと思います。

Ⅰ部(7月3日~7月8日)     撮影:湊 雅博





Ⅱ部(7月10日~7月15日)

写真とことばの重なる時間

都市の距爪—ハバナ—
写真とことばの重なる時間

トークイヴェント(2018/7/7)ゲスト:川島紀良さん

写真家の川島紀良さんをお招きし
都市の距爪—ハバナ—について、ハバナの旧市街の写真を見ていきました。
Ⅰ部では旧国会議事堂を囲むファサードでの作品が多く、コロニアル建築の天井の高さや、風雨にさらされ続けた建築物、そこに生きるひとびとの間で起こっていること。
そして「溝」、「ドブ」について、話が及んだことはおもしろい展開でした。

朗読会(2018/7/8)ゲスト:岡安圭子さん ―リルケを読む―

リルケの詩と手記を15~16編、岡安圭子さんに朗読していただきました。
ハバナの写真に囲まれた岡安さんの身体から放たれることばたちは立体的に、そして時空を超えて、わたしたちをどこかに連れて行ってくれるようでした。
リルケのことばが持つ或るキーワード「待つ」や「孤独」といったことばはもはや空間に溶け、
人が生きることの本質があぶりだされるような時でした。

トークイヴェント(2018/7/15)ゲスト:川島紀良さん

ふたたび川島紀良さんをお迎えして、Ⅱ部の写真について話し合いました。
背景が黒く潰れた、人物の入った2点の作品について、
瞬きをしたときに見えるような情景のようなものだという川島さんのことばが非常に印象的で、ひとは現実と夢、そして死のあいだを無意識に行ったり来たりしているのかもしれないと、わたしは今思い始めています。

川島紀良さんと。             撮影:仁平 寿枝

2018/05/30

由良環写真展「都市の距爪—ハバナ—」のお知らせ

由良環写真展
都市の距爪—ハバナ—
櫻木画廊(台東区上野桜木2丁目15-1)
2018年7月3日(火)-7月15日(日)
7月9日(月)休廊
11:00-18:30[最終日17:00まで]
Tamaki YURA
PhotoExhibition
3-15 July.,2018
SAKURAGI FINE ARTS

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Ⅰ部73日-78日             
Ⅱ部710日-715
*展示の掛け替えを行います
*作家は毎日15時以降、在廊いたします。

写真とことばの重なる時間
-----------------------------------------------------------------------------------------      
トークイヴェント                                                                                朗読                                                 
-------------------                  --------------------       
ゲスト:                                                                                                ゲスト:
川島紀良[写真家]                岡安圭子[朗読家]        
---                       
                                      
7月7日[土]17:00-              7月8日[日]17:00- 
                                 -----------------------------------  
7月15日[日]15:00-         
----------------------------------                                                              
[トークイヴェント]


世界の都市を撮ることをわたしが続けているのは、都市、東京への理解と認識を(自己に)浸透させるための布石を打つような作業なのかもしれない。
そんな中、長年にわたり東京を中心に日本のあちこちで人物や風景を撮り、それについて考えたり文章を書いている
川島紀良さんをお招きします。
川島さんとは、自己と他者、都市との3つの相関関係についてお互いの写真を介在させながら、写真作品から立ち上がってきたハバナを見ていきます。
川島さんと由良にとって、都市空間とは?人を撮る事は?という命題を掘り下げていきたいと思います。
------------------------------------------------------------------------
[朗読]

リルケ(1875-1926)について—わたしは昨年知ったばかりの詩人であり作家です。
ですが、リルケの残したことばとその生き方は芸術家としての姿勢を明確に打ち出し、生涯それを貫いたものでした。

「芸術家にとって必要なのは、作品を生み出すことであり、それを成熟させることのみである。
そしてそれは沈黙の中でしか行われない。」
このことばに私の心は打ち抜かれ、同時に強い共感をおぼえました。
今回友人で朗読家の岡安圭子さんに、わたしの選んだリルケの詩を朗読していただきます。
岡安さんがハバナの写真作品から受けた感触を、リルケのことばに投影して朗読してくださいます。
--------------------------------------------------------------------------------- 入場無料
どなたでもご参加ください。(各回とも60分程度)
席は十分ありますが、小さな会場ですので早目の到着をおすすめします。


                                                                                        
                  
                 
 
 
 
 
 [櫻木画廊へのアクセス]

◆JR各線日暮里駅より徒歩10分

JR日暮里駅改札口から西口を出て、谷中霊園を抜け、ゆるく左折し道なりに直進、マルグリート菓子店を右手に見て、    谷中交番と、SCAI THE BATHHOUSEの交差点を左折。  

そのまま30メートルほど直進した左手。

櫻木画廊     東京都台東区上野桜木2-15-1  

                   tel:03-3823-3018

 

◆東京メトロ千代田線:

 根津駅1出口

 千駄木駅1出口より各13分