2018/05/30

由良環写真展「都市の距爪—ハバナ—」のお知らせ

由良環写真展
都市の距爪—ハバナ—
櫻木画廊(台東区上野桜木2丁目15-1)
2018年7月3日(火)-7月15日(日)
7月9日(月)休廊
11:00-18:30[最終日17:00まで]
Tamaki YURA
PhotoExhibition
3-15 July.,2018
SAKURAGI FINE ARTS

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Ⅰ部73日-78日             
Ⅱ部710日-715
*展示の掛け替えを行います

写真とことばの重なる時間
-----------------------------------------------------------------------------------------      
トークイヴェント                                                                                朗読                                                 
-------------------                  --------------------       
ゲスト:                                                                                                ゲスト:
川島紀良[写真家]                岡安圭子[朗読家]        
---                       
                                      
7月7日[土]17:00-              7月8日[日]17:00- 
                                 -----------------------------------  
7月15日[日]15:00-         
----------------------------------                                                              
[トークイヴェント]


世界の都市を撮ることをわたしが続けているのは、都市、東京への理解と認識を(自己に)浸透させるための布石を打つような作業なのかもしれない。
そんな中、長年にわたり東京を中心に日本のあちこちで人物や風景を撮り、それについて考えたり文章を書いている
川島紀良さんをお招きします。
川島さんとは、自己と他者、都市との3つの相関関係についてお互いの写真を介在させながら、写真を撮ることによって立ち上がってきたハバナを見ていきます。
川島さんと由良にとって、都市空間とは?人を撮る事は?という命題を掘り下げていきたいと思います。
------------------------------------------------------------------------
[朗読]

リルケ(1875-1926)について—わたしは昨年知ったばかりの詩人であり作家です。
ですが、リルケの残したことばとその生き方は芸術家としての姿勢を明確に打ち出し、生涯それを貫いたものでした。

「芸術家にとって必要なのは、作品を生み出すことであり、それを成熟させることのみである。
そしてそれは沈黙の中でしか行われない。」
このことばに私の心は打ち抜かれ、同時に強い共感をおぼえました。
今回友人で朗読家の岡安圭子さんに、わたしの選んだリルケの詩を朗読していただきます。
---------------------------------------------------------------------------------

入場無料
どなたでもご参加ください。(各回とも60分程度)
小さな会場ですので、お早目の到着をおすすめします。


                                                                                        
                  
                 
 
 
 
 
 [櫻木画廊へのアクセス]

JR各線日暮里駅より徒歩10分

JR日暮里駅南口改札を出て、谷中霊園を抜け、ゆるく左折し道なりに直進、マルグリート菓子店を右手に見て、谷中交番と、SCAI THE BATHHOUSEの交差点を左折。そのまま50メートルほど直進した左手。

櫻木画廊     東京都台東区上野桜木2-15-1  

                   tel:03-3823-3018

 




2018/05/23

ハバナ (85)


もうすぐわたしの旅は終わろうとしている。
このブログを書きながら、メキシコシティからハバナへもう一度旅に出ている気持ちだった。

曖昧な時間をブログ上で泳ぎ、たくさんの思考やことばを編むことができたと思う。
そしてそれは—わたしの精神と記憶が複雑に絡み合い
呼応し、生み出されてきたものである。

この旅は展示という形で終結を迎える。
 
これまで読んでくださった方に感謝とお礼を申しあげます。





2018/05/22

ハバナ (84)


社会の仕組みによって人の在り方、見え方がこうも違うのだという事を
わたしはキューバで体験したはずだったのだ。
変わらないことと、大きく違うことがある。

それを比較して考えるのは、いつも日本や東京のことだった。



2018/05/19

ハバナ (83)


ハバナのひとびとを見つめた日々。
この都市が地球上のどの都市であってもおかしくないような感覚をわたしは最近持ちはじめている。
それは何なのだろうか・・・・・?

都市というものが無限の広がりと普遍性をもち
地球上の都市を包括していくようなイメージなのだ。

それは決して都市が均一化してきたというグローバリズムを意味するものではなく
写真活動を通して、きわめて個人的な感覚から立ち上がってきたものである。



2018/05/18

ハバナ (82)


ここでは本質しか残らない。
嘘や飾りや表面的なことがらはすべて一掃されてしまう。

それを受け入れる余裕が街にも人にもないから・・・・・。

そして都市生活とは何か?ということを
ハバナにいて毎日突き付けられるような気がしていた。



2018/05/16

ハバナ (81)


不思議なことなのだが
自分の撮った写真を選び見ていると、昔見た映画の一場面を思い出す。
20代前半の頃、古いヨーロッパの映画をよく観た。
それらは特に何か事件が起きるわけではないのだが
会話と日々の何気ない情景を描いたものが多く、わたしはそんなものが好きだった。

ハバナはそんなことを思い起こさせてくれる。


2018/05/15

ハバナ (80)



ひとが生きて行く平らでない道のりと、時の流れによる街の歪みとがあからさまに露出し、それらが交錯し合う瞬間を見ると、わたしはそれにこたえなければ、と強く思うのだ。


2018/05/14

ハバナ (79)


出来てきた写真を見ると、人々の〝手″に目がいくような撮り方をしている、という話を聞いて
わたしの視線は足に行っているのかな?と暗室で気づく。

足からは-移動する、逃げる、追う、機動力
そんなことばを連想する。
手より、より原始的な働きをする〝足″に
わたしは親しみを覚え、共感しているのかもしれない。


2018/05/13

ハバナ (78)


ハバナの街の特殊性ではなく
都市の普遍性を見出すことができたのは
ハバナが突出した個性を持っていたからに他ならない。


 

2018/05/12

ハバナ (77)


ハバナの街から、人から、絶えずこちらに向けて何かが発せられている。
それらは時に激しく強烈なこともあるのだが
全体を取りかこむ膜は、総じて温かい。



2018/05/11

ハバナ (76)

どうしてもシャッターを押さずにはいられない。
そんな感覚をもつことは、わたしは滅多にない。

どれほどわたしはこの都市にどっぷりと浸かっていたのだろう。

 

2018/04/22

春の展示とトークセッションのお知らせ

川島紀良さんが写真展「ZEPHYROS」(ゼピュロス)を開催します。OGUMAG(5/1-5/6 /2018)

展示中3回のトークセッション(5/1・5/3・5/5)もおこなわれます。











◆トークセッション 5/3(木・祝)18:30-19:30(入場無料:予約不要)

 川島紀良×由良環  「漂う」


川島紀良さんの捉えるひと、町、空間、そこには何があるのか。

川島さんは東京の下町に生まれ育ち、現在もそこに暮らす写真家です。
「ZEPHYROS」は2010年、2016年に続く3度目の写真展で
6×6のカラ—ネガフィルムによって撮影された手焼きのプリントが展示されます。
また川島さんは自身のことばの世界を持った人でもあります。そこから紡ぎだされる写真のためのことばを聴き、写真を感じるようにみて頂けたらと思います。

わたしも現在「都市の中のひと」というような写真を撮っていますが、川島さんと由良のその目の違い、込めたものの違いがとても面白いなぁと、わたしは感じています。
そのあたりを5/3にお話しできたら、と願っています。


詳細は下記(OGUMAGホームページ)をごらんください。

http://ogumag.wixsite.com/schedule/single-post/2018/03/17/%E5%B7%9D%E5%B3%B6%E7%B4%80%E8%89%AF-%E5%86%99%E7%9C%9F%E5%B1%95%E3%80%8CZephyros%E3%80%8D51%E7%81%AB-6%E6%97%A5









ハバナ (75)


ひとりの人間が分厚い存在感を放ち、
人ごみの中でも淘汰されることがない。
人の層が感じられる街—ハバナ



2018/04/21

ハバナ (74)


有機的でごちゃまぜで人間味ある都市ハバナ。
さまざまな文化人が書いているイタリア、ナポリの破天荒さの魅力とはまた全然違ったものなのだろう。




2018/04/20

ハバナ (73)


ぎゅっと詰まった密度の濃い下町は
どこかほかの都市のそれとは異なっている。

それは何なのか・・・。



2018/04/19

ハバナ (72)


できあがってきた写真をみると・・・
わたしの目には、この白い街と人びとが、ひどく美しく豊かなものに映っているようだ。











2018/04/18

ハバナ (71)


遥かむこうにすっと抜けていくように見える道や建物。

どこかの国の都市で、いつか同じような感覚をフウケイに感じた事を思い出す。
そんなとき、その国の未来を空間にみているのかな・・・。



2018/04/17

ハバナ (70)



どの町にでも見られるようなひっそりとした裏通りは
時空や国境を超え
わたしを想像の世界へと誘ってくれるようなところがある。




2018/04/16

ハバナ (69)


切り取った都市の一枚のフウケイは
時間といくつかの工程を経て、目の前に差し出された。

自己の感覚と無意識との交信を思う-





2018/04/12

ハバナ (68)


場所と時間と記憶、それらが単独で自由にうごきだす手助けをすること—。
ハバナらしさというものをもう一度つくり直している工事中に今、わたしはある。

ここはハバナであることに間違いないのだが
それがだんだん薄れてくる。


2018/04/11

ハバナ (67)


ハバナのひとびとはどんなことを考えて生き、暮らしているのだろうか。。。

そして東京のひとびとはどうなのかと、考える。


2018/04/10

ハバナ (66)


路地でずっと話をしているご近所さんは
みななぜだかとても仲が良さそうだ。。。


2018/04/09

ハバナ (65)


わたしがハバナに暮らしたら、仲間に入れてくれそうな。
いつも熱心にはなしている、ひとびと-



2018/04/06

ハバナ (64)


少女たちの髪とくびすじのあいだを通りぬけるとき
一瞬止まる、そしてまたうごきだす・・・風もわたしの眼も。



2018/04/05

ハバナ (63)


ひとびとの生活のやわらかい部分にまで入っていけたことは
偶然とはいえ、かれらの、そして都市のふところの深さを感じずにはいられない。



2018/04/04

ハバナ (62)


街と人の両方があってこそ都市は成立するものだと
ハバナではつくづく実感できる。

ひとと都市のつながるパイプが太く
その関係が十分に感じられるから。



2018/04/03

ハバナ (61)


ひとびとが現れては去る、
その何でもない繰り返しの連続した運動が
これほどまでに豊かで輝かしく実りあるものだとは・・・・・



2018/04/02

ハバナ (60)


「キューバはアフリカに近い印象かな、でも建物はスペイン風」と、わたしより半年前に訪れた友人の言葉を思い出す。

そしてキューバは世界で唯一、人種差別のない国だと言われている。
アフリカのような灼熱の太陽の下で、さまざまなルーツのひとびとが、ここでは共に暮らしている。