2019/02/12

ネパールへの旅

Hariaun(ハリオン)での夕方
今日は3日間あるこの地の祭りの2日目で(それでこの日程でわたしを案内して下さったという経緯があるのだが)
大きなグラウンドのようなスペースに舞台が設置され、夜になるとライヴが行われる。
本格的なミュージシャンやダンサーも出演する。

前出の孤児院の子ども達も3日間露店を出店していた。モモを食べさせる店だ。
モモというのは、ちょうど餃子のようなものだが、それより少し小ぶりで、ネパールではおやつとして食べられることが多い。
中身は鳥とか牛とか豚とか、蒸したり揚げたり茹でたり、その組み合わせは限りなく多いが、
蒸しモモが最もポピュラーだそうだ。

モモを作り、売ることで、子ども達がお金を得る方法やその過程を学ぶことが目的で
彼らにとってはとても貴重な経験になるだろうと思われた。
と言っても、働くのは中学生か高校生くらいの子ども達だけだ。

孤児院で露店のために持っていくものを準備して、皆で祭りの会場まで出掛ける。
TOYOTAのオンボロジープで行くのだが、
荷物と人が全部積みきれない関係上、わたしは進んでジープの屋根に座ることにした。
男の子2人と、3人で10キロ程のガタガタ道を揺られながら過ごした。
少しの会話や、猿がいるよ!とか教えてくれる。
彼らは学校に行っているので、英語が達者だ。
「なぜ、ネパールに来たの?」と聞かれたときは、良い質問だなぁ、と思った。

揺れるジープの上からわたしが風景を撮っていると「自分の写真を撮って欲しい」と言われ、撮った。
(多分)ブレているけれど、きっと良い写真に違いない、そんな風に感じるひとときだった。

「また、ここに来る?」と聞かれたとき
「もしかしたら1年後にね」と答えたとき、彼が寂しそうな目をした。
そのとき、何かとても大切なものを見たように感じた。
それは割れた植木鉢に、その欠片で土をかき分けて根を掘り起こした時のような、何とも言えない体験だった。
そしてこれから自分が生きていくなかで
折々、今日のこの時間のこと、あったことを思い出すような気がしている。









2019/02/11

ネパールへの旅

Hariaun(ハリオン)での午後、昨夜も少しだけ訪れた、
不可触民(カースト外に属する、階級制度の最下層に属するとされている人々)の住む集落へ。
そこに、今回案内して下さったもうひとりのネパール人の人道支援家の女性が、図書館を作り、子供たちや人々を支援する活動をしている。
この集落の人々は、竹で籠を編む仕事をし、それが現金収入を得る唯一の方法だそうだ。
学校にいっている子も、行っていない子もいる。
大学に行く前の段階で、集落で最も優秀*だという男の子を紹介された。
*(ネパール全土で行う学力テストの結果によるもの)
物静かでとても賢そうな子だったが、風が吹けば飛んでしまいそうな痩せた体で、どこを漂っているのか捉えどころがない・・・そんな瞳をしていると思った。
その後、近くのカフェでハエを追い払いながらサモサとチヤを彼らと一緒に食べた。




ネパールへの旅

今日は1日、Hariaun(ハリオン)とそこからインド国境に向かって点在する村をネパール人の人道支援家の方に車で案内して頂き、過ごした。

途中激しいスコールや雹が降る中、100%非識字者の人々が住む集落へ。
そこは、泥が地面から生えているように家の壁を作り、草と少しのトタンを屋根にしているようなスタイルの小さな小さな家が点在する。
家具はほとんど何もない。寝るのは土の上なのだろうか。
その集落に、今回案内して下さったネパール人の人道支援家がコミュニティスペースを作り、人々に字を教えること、女性から先に教育を
受けさせるプロジェクトを始めたそうだ。
37世帯が住むと聞く。
子供たちは彼になついている。
コミュニティスペースにわっと集まってじっと彼の話を聞いているが、ネパール語が分かる?と聞いてひとりの男の子が自信なさそうに手をあげたり下げたりモジモジしている。
このコミュニティの人々は、彼らにしか分からない言葉で話しているので、ネパール語すらも通じないのだ。

とても静かで、わたしたちをじっと見ている。
その目は好奇に満ちてはいるけれど、違う世界のものを見ているようにも思える。
「もっとリラックスして~」と言ってみたけれど通じていない。
ほとんどの子は裸足だった。






ネパールへの旅

カトマンドゥからハリオンへ。

ネパールに来てから4日目の早朝、マイクロバスに乗り、カトマンドゥから南へ100キロ余り、インド国境まで20キロのHariaun(ハリオン)という町に向かう。

たった100キロのその道程だが、、険しい山を切り開いて作られたその道路は道幅は狭く、登ったり下ったり、ガードレールがない曲がりくねった山道で、崖から落ちたら大惨事になると思われた。
その証拠に、着くまでの約8時間「プラスティク○○(嘔吐用ビニール袋のこと)をくれ!」と客席から声が出る。黒いビニール袋は運転席の前に置いてあって、吐きそうになると人々から声があがるという仕組みのようで、その度に気の毒になる。
ネパール人は車酔いしやすいとのこと、
その数は少なくとも7.8回はあったように覚えている。

15時過ぎに目的地に着く。

ネパール人ふたりと日本人ひとりの人道支援家とわたしの4人で、ハリオンの孤児院へ。

ポップコーンで作った首飾りと南国らしい赤い花を子供たちからもらい、歓迎のしるしに真紅のビンディを眉の間につけてもらう。

もとは、この孤児院の子供達の写真を日本人のその方から見せて頂いて、わたしは強くネパールに行きたいと思ったのだった。

この土地や孤児院を包む空気は、あっけらかんとした明るさに包まれ、南国らしい豊かな植物が成長する姿を目にした。

子供達の顔にそれほど複雑さは見られなかった。
来て良かった、と思う。